6月15日 フレッシュマンセミナー 農学概論

 

 

フレッシュマンセミナー

 

 

 

東農大、資源生物工学 研究室 について軽くまとめてみました。

2020年現時点では、院生10人 4年生23人 3年生26にんだそうです。結構少ないな。

基本方針は、健康や環境のために役立つ微生物を発見すること

これだけ聞くとめっちゃ楽しそうな学部ですよねー

でも実際やってることとずれてたら元も子もないですよね

と、いうことで実際の活動はどんな感じなんでしょうか、

気になったので調べてみます。

3年生とか4年生の集合写真を見てみたんですが、パッとしない感じですね。

でも、みんな元気そうに充実してる感じはしました。

教員のプロフィールです。

ーーーーーーーーーー

高市真一さん

この人か、一年の生物学の担当は、話がゆっくりすぎてあんまり聞いてなかったっけど。

実はものすごい人でした。

1981年 東京大学理学博士

2017年〜 東農大 分子微生物学科。

東大生でした。

自分の本も多数出版してます。

そんなものすごい教授の新入生に向けてのアドバイスは

「色々興味を持って」

深い、なんとも深い言葉ですね。

ーーーーーーーーーーーー

川崎信治さん

1997年 東京大学大学院博士

1999年〜2001年 アメリカ アリゾナ大学研究員

2017年〜  東農大 分子微生物学科

なんかこの学科エリート集まりすぎじゃないですか?

アドバイスは

英語力

ーーーーーーーーーーーー

佐藤拓海さん

2009年東農大 博士

2010年〜2017年 森永研究員

2017年〜 東農大 分子微生物学科

小中高 ずっとサッカー

アドバイスは

「遊びを覚えて人間力を磨け!」

完全に体育会系の方ですね。

最高です。

ーーーーーーーーーーーーーー

さて、肝心の研究室紹介に移ろうと思います

極限でも生き残れる微生物を探そう!

砂漠 高山 真夏のアスファルト そんな極限環境でも生き残ることができる微生物を

利用して、食品や化粧品に役立てようという、すごい楽しそうな研究ですよね。

アスタキサンチンやら海洋生物の天然色素やら、聞き覚えのない言葉だらけですが

面白いことしてるよ!そんな感じがよく伝わって来ます。

一回やってみたいですよね、発見するだけならできそうですよねー

続いて2つ目

どんな微生物がどこに住んでいるのかな?

どういうわけか、微生物は「花とミツバチ」

に深く関わっているらしいんですよね、

またシーケンサーとか嫌気培養とかよく分からない言葉が出て来たんですが、

レアな微生物と会えるということなので、コレクター的な人にはおすすめかもしれませんね!

さらに3つ目

なんで嫌気性生物は酸素があると死ぬの?

微生物の教科書には酸素があると嫌気性菌(ビフィズス菌、乳酸菌)は死ぬ

ということが書かれているらしいのです。

その1ページを変えたい!というヤバい奴らの集まる研究室です(笑)

めっちゃ面白そうな研究じゃないですか!

僕はやばいやつなんで、

ちなみにパスツールという人がそんなことを言い出したらしいです。

パスツール愛好会という研究室名に変えた方がいいんじゃないでしょうかね。

そんなパスツール大好きな人たちが集まる愉快な場所です。

4つ目が最後になります。

腸内細菌について

人の腸について、まずはマウスで実験するっぽいですね。

こじん的にこれが一番やってみたいですね

研究室の方針

微生物選抜 → 技術でなんとかする。

コミュニケーションが一番大事

3年から入れるみたいですね、楽しそうでいいですね!

 

 

 

 

農学概論

 

 

 

農学概論

食品が私たちの手元に届くまで一体どうなっているのか、気になったので調べてみました。

ざっとこんな感じです。

育種→栽培→収穫→貯蔵→加工→流通→消費

育種

同じ面積あたりの収穫量をあげよう!

病気や害虫から身を守ろう!

生産し易ければ、コストもかからない!

あとは美味しさ、健康機能も大事だよね。

栽培

品種はJAや国が出す補助金によって決まることも

何を生産するかはその土地によって様々、和作も考えられる。

コスト面に関わってくるのは、肥料や農薬これらはまじで高いらしい。

時期は二期昨夜三期作がある

収穫

早世 中世 晩生の3つ

未熟 完熟 家塾

収穫量ひく販売価格で決まってくる。

貯蔵

温度 しつど きそう 光の加減で変わってくる

ビニールや朝 コスト面でも問題が山積みらしい

加工

形 色 成分きぼ 衛生状況 地域

物流、エネルギー 人材でコストかかる

流通

物流→生さん→加工→消費地域

時間→数時間から数ヶ月

手段→トラック、船、鉄道、飛行機

環境→保冷、冷凍、振動、明暗

こスト→手段→人材→エネルギー

消費

外食→セントラルキッチン、販促

昼食→冷凍食品

内食→時短調理用食材

消費者→一時機能

パッケージ値段消費期限 賞味期限

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です